トップ 新着記事 プライバシー

BBIQ光電話とは?サービスの概要・料金・初期費用を完全解説

BBIQ光電話
BBIQ光電話とは?サービスの概要・料金・初期費用を完全解説

株式会社QTnetが提供するインターネットサービスのBBIQ光では「BBIQ光電話」の名称で固定電話サービスを提供しています。

BBIQ光電話は、月額500円で利用できる有料オプションとして設定されています。

今回は、BBIQ光電話のサービスの概要や利用料金などについて解説します。

BBIQ光電話のサービスの概要をイメージしていただけたら幸いです。

BBIQ光の契約と同時に固定電話もBBIQ光電話に変更しようかと考えている方や、引っ越しに伴ってご家庭の通信サービスの契約変更を考えている方にとって非常に役立つ情報になるかと思います。

BBIQ光電話の基本料金・通話料・初期費用

BBIQ光電話の基本料金・通話料・初期費用

株式会社QTnetが提供するBBIQ光電話についてまずは、料金面から紹介します。

費用や料金の参考までにNTT西日本の料金を併せて紹介します。

BBIQ光電話の基本料金

BBIQ光電話とNTT西日本(アナログ回線)の1回線あたりの基本料金は以下の通りです。

  • BBIQ光電話の基本料金⇒月額500円
  • NTT固定電話の基本料金⇒月額1,600円

単純に月額料金を比較した場合、BBIQ光は、NTT西日本よりも毎月1,100円安いということになります。
(BBIQ光電話ではナンバーディスプレイなどの機能がオプションサービスとして別料金設定になっているので、オプションの利用状況によって料金が異なります。ただし、月額600円で全てのオプションを利用できるので、オプションを全て利用しても月額料金は1,100円です)

BBIQ光電話の通話料

続いて、通話料の違いについて紹介します。

BBIQ光電話とNTT西日本(アナログ電話)とは料金体系が異なるため単純比較が難しいですが、どのような条件においてもBBIQ光電話の方が安い料金になります。

BBIQ光電話 NTT西日本
市内 一律7.5円/3分 9.35円/3分
隣接市~20㎞ 22円/3分
20~60㎞ 33円/3分
60㎞~ 44円/3分

通話料は、断然BBIQの方が安いよね!

BBIQ光電話の初期費用

BBIQ光を契約する際にかかる初期費用は以下の通りです。

回線登録料・・・1回線あたり2,000円

(番号ポータビリティ手数料)
番号移転手続費・・・1回線あたり1,800円
⇒現在の電話番号を引き継ぐために発生する手数料です。

利用休止工事費・・・1回線あたり2,000円(NTT西日本側にて発生)
⇒NTTの固定電話を利用中の方が、番号ポータビリティや新たに電話番号を発番してBBIQを契約する場合に、NTTの基本料金をかからなくするために必要な費用です。

利用休止期間は5年間で、10年間は休止期間が自動延長されます。利用休止中はNTT電話加入権を購入しなくてもNTTとの再契約が可能です(もし、NTTと再度契約する場合)。

番号ポータビリティとは?
番号ポータビリティとは、一言でいえば利用中のNTT西日本の電話番号をそのままBBIQに引継ぎできる制度のことです。

BBIQ光では、番号ポータビリティ制度を利用して、NTT西日本から電話番号をそのまま移行することができます。
ただし、番号の移行の可否についてさまざまな条件があります。

番号ポータビリティの移行に関しては「BBIQ光電話では電話番号はどうなる?番号ポータビリティの仕組みも解説」にて解説しているので、詳しく知りたい方はぜひ参考にしてください。

BBIQ光電話のオプションにはどのようなものがあるの?

BBIQ光電話のオプションにはどのようなものがあるの?

BBIQ光電話の特徴としては、番号表示機能や割込通話などの機能が、別途有料のオプションサービスとして設定されていることが挙げられます。

ここでは、オプションサービスの概要や料金について簡単に説明します。

BBIQ光電話のオプション一覧

BBIQ光電話では、以下の5種類のオプションプランが用意されています。

発信者番号表示(ナンバーディスプレイ) 月額500円

着信の際に相手方の名称や電話番号を画面上に表示させる機能です。

番号通知リクエスト 月額200円

着信時に相手方が非通知で発信してきた際に、「通知」してかけなおすように音声アナウンスを流してくれる機能です。

割込通話 月額300円

通話中に着信があった際に、通話を保留にして着信に応答できる機能です。

転送電話 月額500円

あらかじめ設定した転送先に、着信を転送できるサービスです。
自動転送や無応答時転送などさまざまな条件が設定できます。

迷惑電話拒否 月額200円

いわゆる「着信拒否」です。
30件まで登録できます。

BBIQには、たくさんのオプションサービスがあるのが魅力だわ!

BBIQ光電話バリュープランとは?

BBIQ光電話のオプション品を全て合計すると、オプション料金だけで1,600円になり、NTT西日本の月額料金よりも高くなってしまいます(NTT西日本は、これらの料金があらかじめ基本料金として設定されています)。

しかしながら、BBIQ光電話にはバリュープランというオプションの月額600円のパックプランが設けられています。バリュープランは、BBIQ光電話のオプションを2種類以上加入すれば自動的に適用され、5つ全てのオプションが利用できるようになります。

BBIQ光電話のバリュープランは「こちら」で詳細を解説しているので興味のある方はぜひチェックしてください。

BBIQ光電話は番号も電話機もそのままでOK

BBIQ光電話は番号も電話機もそのままでOK

BBIQ光電話は、現在利用中の電話番号・電話機がそのまま使用できます。

BBIQ光電話で契約した場合の電話番号

BBIQ光電話を契約した場合の電話番号は、利用中のNTT西日本の電話番号を引き継ぐ(番号ポータビリティ)か、もしくはQTnetで電話番号を発番してもらうかのいずれかです。

電話番号を発番してもらう場合の局番は、NTT西日本のような市外局番から始まる10ケタの番号になります。

※QTnetとは・・・九州電力のグループ企業で、BBIQ光を提供している企業です。

電話機もそのままでOK

電話番号だけではなく、電話機もNTT西日本で使用できるものと同じものが使用できます。

また、BBIQ光電話の契約と同時に固定電話の利用をスタートする方は、家電量販店などで一般家庭向けの固定電話機を購入すれば固定電話として利用できます。

ただし、高齢者福祉用電話機(シルバーホン)など、一部使用できない電話もあります。

詳細は「QTnetお客様センター」にお問い合わせください。

電話番号や電話機もそのまま引き継げるから、便利よね!

通話品質も良好

ご家庭のインターネット通信状況などにもよりますが、BBIQ光電話は高速のインターネット光回線の回線ということもあり、音声品質についても非常に良好です。

遠方との通話の際にノイズの発生や遅延が生じることのあるNTTのアナログ回線と比較すると、遠方でも同じ品質で通話できるというメリットもあります。

現金最大3万円がキャッシュバックされるお得な申し込み先とは?

現金最大3万円がキャッシュバックされるお得な申し込み先とは?

BBIQ光電話を利用したいなら、まずBBIQ光インターネットに申し込むのがお得です。

実は、最大現金3万円がキャッシュバックされる嬉しいBBIQの申し込み先があるので、ここでご紹介します。

BBIQ正規販売代理店「ブリジア」から申し込もう

今からBBIQを申し込むなら、BBIQ正規販売代理店「ブリジア」から申し込むのが得策です。

それは、現金最大3万円のキャッシュバック特典が受けられるからです。

  • 戸建て(ホームタイプ)……現金3万円
  • 集合住宅(マンションタイプ)……現金2万5千円

上記のような金額がキャッシュバックされます。

これは、BBIQ公式サイトやお客様センターから申し込んでも受けられない特典です。

ぜひ、この機会に現金最大3万円を受け取ってください。

BBIQ正規販売代理店「ブリジア」

まとめ

BBIQ光には、月額500円の光電話サービスがあります。

元々NTT西日本を利用中の方が契約する場合、電話番号、電話機をそのまま利用することができるサービスです。

また、新しく番号を取得する方の場合でも、市外局番の電話番号が付与される光電話サービスとなっています。

ナンバーディスプレイを始めとしたオプション機能が別途有料設定になっていることで、オプションが不要な方には必要最小限の費用でBBIQ光電話が利用できます。

また、オプションが必要な方には、オプションパックを利用してコスパに優れた光電話サービスを利用できるプランが用意されています。

BBIQ光のインターネットサービスを検討される際に、併せて光電話のサービスの導入を検討されている方は、今回の記事を参考に検討していただけたら幸いです。

BBIQ正規販売代理店「ブリジア」