トップ 新着記事 プライバシー

BBIQのつづけて割(3年契約)と2年契約プランの違いとは?

キャンペーン・割引情報
BBIQのつづけて割(3年契約)と2年契約プランの違いとは?

光インターネットの申し込みに合わせて料金プランを選ぶとき「2年契約プラン」を選ぶ方は多いですよね。

BBIQでも基本は2年契約プランになりますが、戸建て住宅にお住いの方に特におすすめしたいのが「つづけて割」です。

BBIQのおすすめプランの一つで長く利用する方に便利な3年契約となります。 実際のところ、2年契約プランよりもお得な利用が可能です。

さらに、BBIQおすすめプラン「九電セット割引」を合わせて利用すれば、月額料金が毎月1,000円以上割引されます。

この記事では、BBIQの「つづけて割(3年契約)」を利用するメリットと2年契約プランとの違いなどについてご紹介します。

BBIQの「つづけて割」とは?通常の2年契約プランとの違い

BBIQの「つづけて割」とは?通常の2年契約プランとの違い

BBIQは九州エリア限定の光インターネットサービスです。 「BBIQだからこそできる」サービスが一番の魅力で、九州エリアの多くの方に支持されています。

お客さま満足度でも、4年連続NO.1を獲得しているほどの人気です。(2020年5月現在) ここでは、そんな大人気のBBIQの魅力についてご紹介します。

「つづけて割」や「ギガスタート割」!それだけでなくお得なキャッシュバックサービスもある

BBIQは、月額料金の安さでも高い評価を得ています。 安さで支持される理由として、割引プランが充実している点が挙げられます。

現在、注目されている割引プランの一つが「つづけて割」です。 また、BBIQを申し込む大半の方は、「ギガコース(上り下り最大1Gbps)」を選んでいます。

ギガコースを選択すると、月額料金が開通月の翌月(開通月は無料)から11ヶ月間1,000円割引になります。

※ギガスタート割 BBIQの公式サイトから申し込むと、初期費用と月額料金(初月から3ヶ月間)が無料となる「春割キャンペーン」が実施されています。(2020年5月現在)

それよりもお得なのが、BBIQ正規販売代理店「ブリジア」のWebサイトからの申し込みです。

何と現金最大3万円がキャッシュバックされる特典があるのでお見逃しなく!

BBIQ正規販売代理店「ブリジア」

「つづけて割」や「九電セット割引」の割引金額について

「つづけて割」は、戸建て住宅向けの「ホームタイプ」に申し込む方を対象とした、3年契約の割引プランになります。

残念ながら、マンションタイプの住宅に住んでいる方は利用できません。

通常のホームタイプは、2年契約のプランになっています。

ギガコースに申し込んでいる方は、月額料金が2~12ヶ月目まで4,800円/月(13ヶ月目~5,800円)になります。

そこで、「つづけて割(3年契約)」に申し込みをしていただければ、毎月800円の割引が適用されます。

つまり、2~12ヶ月目まで4,800円/月のところを、ギガコースが4,000円/月(13ヶ月目~5,000円/月)で利用できるようになるのです。

年間で、単純に9,600円もお得になります。

中には、通常の2年契約プランで申し込みたいという方もいるかもしれませんね。

しかし、3年契約の「つづけて割」は、長く利用する方にはとてもお得なプラン内容になっています。

また、一般的な割引サービスは1年~2年という期限付きであることが多いですよね。

ところが「つづけて割」は3年で自動更新され、契約中はずっと800円割引になります。

さらにBBIQでは、「つづけて割」のほかに「九電セット割引」という割引プランも利用できます。

こちらは、ホームタイプだけでなくマンションタイプの住宅に住む方でも利用できるのが大きなメリットです。

対象となるのは、九州電力の「ご家庭向け電気料金プラン」を契約している方々となります。

☆「九電セット割引」の割引金額について

【戸建てホームタイプ】

  • つづけて割に加入:300円/月割引
  • つづけて割に未加入:100円/月割引

【集合住宅マンションタイプ】

  • マンションタイプ:100円/月割引

ホームタイプで申し込んだ方の場合「つづけて割」と合わせて「九電セット割引」を利用すれば、毎月最大1,100円の割引が適用されます。

つまり、ギガコースが2~12ヶ月目まで3,700円/月(13ヶ月目~4,700円/月)で利用できるようになるのですね。

九電セット割引も、割引が適用される期間は永年です。

そのため「つづけて割」とセットで申し込んでいれば、契約中はずっと1,100円の割引が適用されます。

BBIQでは「つづけて割」と「九電セット割」など、併せて割引してもらえるサービスがあるのが良いよね!

ただし「つづけて割」を解約するときには注意が必要!

「つづけて割」は、36ヶ月(3年)での契約になり、36ヶ月目の更新月に何もしなければ自動更新になります。

そこで、携帯電話などの契約と同じように、更新月(36ヶ月目+37ヶ月目)以外に「つづけて割」を解約すると、割引適用開始後の期間によって途中解約料が請求されます。

つまり、更新月(36ヶ月目+37ヶ月目)に解約すれば、途中解約料は請求されません。

割引適用開始後の期間による途中解約料(税抜額)は以下の通りになります。

☆「つづけて割」の途中解約料について

  • 12ヶ月未満:25,000円
  • 12ヶ月以上24ヶ月未満:20,000円
  • 24ヶ月以上36ヶ月未満:15,000円
  • 36ヶ月目+37ヶ月目:0円
  • 38ヶ月以上72ヶ月未満:12,500円
  • 72ヶ月目+73ヶ月目:0円
  • 74ヶ月~:10,000円

このように決められているので、もし契約中に「つづけて割」を解約したいときは、一度BBIQに問い合せて途中解約料が必要なのか確認するようにしてください。

BBIQのホームタイプと他の光回線のホームタイプとの比較

BBIQの光インターネットの「ホームタイプ」で「つづけて割」や「九電セット割引」を利用すれば、ほかの光回線と比べて圧倒的にお得な利用が可能になります。

BBIQのホームタイプでギガコースに申し込み「つづけて割」と「九電セット割引」を利用すれば

  • 2~12ヶ月目:3,700円/月
  • 13ヶ月目~:4,700円/月

このように、開通して1年間はギガコースが3,700円/月で利用できます。

そこでNTT西日本の「フレッツ光」とドコモ、au、ソフトバンクの大手携帯キャリアが提供する光回線のホームタイプの月額料金を、比較できるようにご紹介します。

NTT西日本 フレッツ光 フレッツ光ネクスト(戸建て)

「フレッツ光」は回線とプロバイダーが別契約なので、プロバイダーによって月額料金が異なります。

ファミリー・スーパーハイスピードタイプ隼|新規お申し込みで「光はじめ割」適用時

  • 1~2年目:4,730円/月 + プロバイダー料金 500円~1,000円/月 = 5,230円~6,230円/月
  • 3年目~:4,521円/月 + プロバイダー料金 500円~1,000円/月 = 5,021円~5,521円/月

ドコモ光 戸建てタイプ

プロバイダーの種類によってタイプAとタイプBに分かれ、月額料金が200円違います。

  • タイプA:5,200円/月
  • タイプB:5,400円/月

auひかりホーム1ギガ(戸建て)

ずっとギガ得プラン(3年契約)で契約している場合は

  • 1年目:5,100円/月
  • 2年目:5,000円/月
  • 3年目:4,900円/月

SoftBank光 ホーム(戸建て住宅)

2年自動更新プラン加入時

  • ホーム(戸建住宅):5,200円/月

このように、各社独自の料金プランを提供していますが、1年目で比較するとBBIQは月に1,500円/月程度安く利用できます。

また、2年目以降も月に4,700円/月と最も安く利用できるのです。

もちろん、ただ安いというだけでなく、回線の安定性でも多くの方から高い評価を得ています。

BBIQはNTTの光回線を借りずに独自の光回線を利用しているほか、天候や自然災害に強い送電鉄塔に架線されています。
そのため、常に安定したインターネット通信が可能です。

BBIQに変えてから、インターネットがつながらないトラブルがほとんどなくなった人が多いのよ!

まとめ

今回は、BBIQの「つづけて割(3年契約)」をご紹介しました。 通常の2年契約プランよりも契約年数は長くなりますが、月に800円/月の割引が適用されるので年間9,600円もお得に利用できます。

また、「九電セット割引」も併せて適用されれば、ギガコースの利用で永年1,100円/月もの割引サービスが受けられます。

そのため、2~12ヶ月目まで3,700円/月(13ヶ月目~4,700円/月)という破格の月額料金で利用できるのです。

「つづけて割(3年契約)」は戸建て向けのホームタイプで申し込む方限定になりますが、これからBBIQを申込みたい方はぜひ利用することをおすすめします。

その際には、現金最大3万円がキャッシュバックされるBBIQ正規販売代理店「ブリジア」からの申し込みもぜひ検討してみてくださいね。

BBIQ正規販売代理店「ブリジア」